CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
あなたがたの

そのぬくもりに用がある
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
FULCRUM RACING ZERO 2-WAY FIT

先日の百年草TTで使ったのがコレ。
FULCRUM RACING ZERO 2-WAY FIT + Hutchinson FUSION2 Tubeless。

あまりにもヤル気がないボクに見かねたねこさんが「コレ貸したるからがんばってこい」と貸してくれたもの。
おかげでがんばれました。

と言う訳で、せっかく貸してもらったので素人目ながらレビュー。
空気圧は推奨値最低の7bar。
シーラントは未使用。

まず第一に転がり抵抗の低さに驚く。
脚を止めてもスーッと減速感なくそのまま進む。
これはチューブレスタイヤの恩恵かな。
緩斜面で踏み込むとスッと前へ出てそのまま加速していく感じはかなり気持ちがいい。

斜度がきつくなり、ダンシングを入れてもたわむ感じは一切なくグッと踏ん張って、踏んだ力がそのまま前へ進む力になる。

決戦用に使っているデュラカーボン(WH-7801-carbon)に比べたら実際の重量は重いけれど、乗った感じはコイツの方が軽い。

お金があれば間違いなく買っている。
お金があればね。
| 機材 | 23:24 | comments(0) | - |
梅雨支度
梅雨入りもして、雨の中を走る事も多くなるだろうと思いTCRのブレーキシューをSWISS STOPの緑に交換してみた。


これで雨の日に走る楽しみができたな。
幸い今週末は降らないみたいだけど。
晴天時の制動力も高いそうなのでとりあえず今週末に試してみます。
| 機材 | 13:07 | comments(0) | - |
愛車紹介
その4
SINTESI Rumba
メインコンポ:HONE
ブレーキ  :HAYES HFX-9
Fサス    :MANITOU シャーマン スライダープラス
Rサス    :MARZOCCHI BOSS


DHをはじめて間もない頃にカタログで写真を見て一目惚れしたけど高くて
買えなかった思い出のフレーム。
定価で45万円くらいしたかな。
そんなフレームが在庫特価で安く売ってたので即刻衝動買い。
DHバブルがはじけて、いいバイクが安く買える。
いい時代になったもんだ。

売りはなんといっても何故かBB下にあるRサス。

マスの集中化・低重心化を狙っての事らしい。
その効果もあってか、実際にはかなり重量があるけど乗ってみると軽く感じる。
取り回しがいい。
ただ、ガレ場やドロップを落ちる時はRサスが当たらないかヒヤヒヤ。
| 機材 | 11:05 | comments(0) | - |
愛車紹介
その3
GIANT TCR ADVANCED '06
コンポ :アルテ(クランク、ブレーキのみデュラ)
サドル :SELLE SMP ストライクコンポジット
ホイール:MAVIC コスミックカーボン

現在のメインバイク。
毎週の練習もコイツが相棒。
その時はホイールをフルクラム レーシング7に変えるけど。

さすがカーボンと言うべきか、硬いけどしなやかな感じ。
特にBB周りの剛性はかなり高いと思う。
ギザロに比べると長距離乗っても脚に疲労が残らない。
でも、ある程度の脚力がないと硬すぎるかも。
トルクかけてぐいぐい登ってくタイプには向いてるのかな。

ちなみに写真の手前のが自分の。
奥のは先生の。
レーシングスピード欲しいな。。。
| 機材 | 12:04 | comments(0) | - |
愛車紹介
その2
SINTESI Python
コンポ:XT
Fサス:ROCKSHOX REBA TEAM U-TURN AIR
Rサス:FOX Air
ホイール:旧XTR
サドル:SELLE SMP ストライクコンポジット

シンテシ パイトンと読みます。
イタリアのブランドでドゥカティのフレームを作ってる会社らしい。
MTBのメインバイクで里山から王滝100km、富士見Bコースまでどこでも
行きます。
設計の古さか、最新バイクに比べるとボビングも大きくペダリングロスを
感じるけど、登りもいけるフリーライドバイクとして見るとまだまだ現役。
持つと重いけど、漕ぐと軽い。
ちなみに現在、日本での取り扱いはなし。
イタリアじゃモデルチェンジしてさらにかっこよくなってるみたい。

ここ最近のロックショックスは秀逸だと思う。
数年前までは軽いけど弱い、レース一発使い捨てモノみたいなイメージが
あったけど、リーバを使ってみてそのイメージが変わった。
そこそこ軽くて剛性感もあり、なにより調整しやすい。
SPVも使ったことあるけど、正直扱いきれなかった。6wayとか。
硬さをエアで決めて、モーションコントロールのつまみを回してダンピング
を調整するだけでお手軽。
今じゃロックショックスに首っ丈。
| 機材 | 11:22 | comments(0) | - |
愛車紹介
その1
深谷産業 GHISALLO G1
コンポ :77デュラ
ホイール:MAVIC COSMOS
サドル :SELLE SMP ストライクコンポジット
ギザロ
ロードを始めるきっかけになったバイク。
行きつけの自転車屋にあったのを一目惚れして即購入しました。
コロンバス製のアルミでカーボンバック。
軽くて、長距離乗っても疲れない、剛性も不満なし。
はじめの1台には最適だと思う。
さすがに有名メーカー達のレース機材に比べると劣るけど、
コストパフォーマンスは抜群です。
| 機材 | 19:22 | comments(0) | - |